logo

[ウェブサービスレビュー]iPhoneでも利用できる使い捨てメールアドレスサービス「Melt Mail」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NOTXOR
内容:「Melt Mail」は、受信専用の使い捨てメールアドレスを手軽に作成できるサービスだ。運営元が疑わしいサイトへの会員登録時など自分のメールアドレスを相手に明かしたくない場合に、24時間利用できる使い捨てメールアドレスを発行し、届いた自分のメールアドレスに転送させることができる。

 「Melt Mail」は、受信専用の使い捨てメールアドレスを手軽に作成できるサービスだ。メールを受け取りたいが、自分のメールアドレスは相手に明かしたくないという場合に、最大で24時間利用できる使い捨てメールアドレスを発行することができる。

 使い方は簡単で、サイトにアクセスし、使い捨てアドレスの有効期限(3/6/12/24時間)を選んだのち、転送先、つまり自分のメールアドレスを入力して「CREATE」を押すだけ。すると「ランダムな文字列@meltmail.com」という書式の使い捨てアドレスが発行される。このアドレスを相手に知らせてメールを送ってもらえば、本来の自分のメールアドレスに転送されるというわけだ。運営元が疑わしいサイトへの会員登録時などに活用できるだろう。

  • 「Melt Mail」トップページ。サイトは英語だが使い方はシンプルで特に迷うこともない。なお受信専用で送信機能は用意されていない

  • 使い捨てアドレスの有効期限を3~24時間の選択肢から選び(今回は12時間を選択)、転送先となる自分のメールアドレスを入力して「CREATE」を押す。Gmailの+アドレスも利用できる

  • 使い捨てアドレスが発行された。書式は「ランダムな文字列@meltmail.com」となっている

 なかなか気が利いていると思えるのが、転送先のアドレスにGmailの+アドレスも使えること。Gmailではアカウント名の後ろに「+任意の文字列」を追加することでメールアドレスを増やせるが、メールアドレスに「+」の記号が含まれていると有効なメールアドレスとして認識してくれないサービスも多い。Melt Mailは、この+アドレスにも対応するので、メールアドレス漏えいへの最低限の備えにはなる。

  • 「Show your MeltMail in a small new window」というリンクをクリックすると、メールアドレスと残り時間が書かれた小窓がポップアップする

  • 試しにメールを送信してみる。発行された使い捨てアドレスをTo欄に入力して送信

  • 使い捨てアドレスに送ったメールが自分のメールアドレスに転送されてきた。タイムラグはほとんどない

 また、Melt Mailには無料で使えるiOS用アプリも用意されている。こちらであればiPhoneから容易にメールアドレスが作成できるほか、期限切れを迎えていない使い捨てアドレスをワンクリックで表示できるので、作ったメールアドレスがわからなくなってしまうこともない。作成した使い捨てアドレスはクリップボードに自動的にコピーされるので、コピー&ペーストの手間もなくすぐに使えるのも便利だ。

  • 無料のiPhoneアプリも用意されている。使い方はウェブサービス版と同じで、転送先メールアドレスと有効期限を選択して「Create Melt Mail」を押せば使い捨てアドレスが発行される

  • 使い捨てアドレスの発行と同時にクリップボードにコピーされるので、すぐに貼り付けて利用できる

  • 利用中の使い捨てアドレスを一覧表示できる画面も用意されている。記載されている期限切れ日時は日本標準時ではないので注意したい

 気を付けなくてはいけないのが、PCから利用する際、作成されたメールアドレスをメモせずにうっかりウィンドウを閉じてしまうと、あとからメールアドレスを知る手立てがなくなってしまうこと。「Show your MeltMail in a small new window」というリンクをクリックすると、メールアドレスと残り時間が書かれた小窓がポップアップするので、利用中はそれを表示しておくことをおすすめする。

-PR-企画特集