オラクル、ウェブエクスペリエンス管理のFatWireを買収へ--自社ソフトウェアと連携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年06月22日 14時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは米国時間6月21日、ウェブエクスペリエンス管理ソフトウェアメーカーのFatWire Softwareを買収することで合意に達したと発表した。OracleはFatWireのソフトウェアを活用し、販売促進キャンペーンを、Oracleの顧客関係管理(CRM)アプリケーションやEコマースアプリケーションと統合する方針だ。

 FatWireのソフトウェアは、オンラインプレゼンスの管理と展開を行うことで、企業が顧客とやり取りし、顧客関係を管理できるように作られている。

 Oracleが計画するのは、カスタマーエクスペリエンス製品のラインアップにFatWireのアプリケーションを加えて、ウェブやモバイル、ソーシャルといった複数のチャンネルの橋渡しをすることだ。FatWireの主要顧客には、Wal-Mart、Best Buy、Ford、Pfizerなどが含まれる。こうした顧客の多くは、OracleのATG製品の顧客でもある。

 Oracleによると、FatWireのツールは、Oracleの「Oracle Fusion Middleware」やBIアプリケーションと連携する予定だという。さらに、先ごろのEコマースソフトウェアメーカーATGの買収で強化された、同社のCRMソフトウェアを補完するとしている。

 この買収は、2011年中ごろに完了する見込みだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加