logo

NTTデータ、統合運用管理ソフトのOpenFlow対応を表明--年内販売を予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは4月11日、オープンソースの統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」のオプション製品として、次世代ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応した新機能を4月より開発すると発表した。

 OpenFlowはネットワークを仮想化する技術で、ネットワーク構成の変更をソフトウェアによる設定変更だけで行える。サーバの仮想化と組み合わせることで、より効率的にシステムを利用できる技術として注目されているという。開発するオプションを利用することで、システム運用者が一連の作業をHinemosのインターフェースを通して実施できるようになる。具体的にはOpenFlow対応ネットワーク機器を管理する機能をHinemosに搭載し、Hinemosが持つシステム運用管理機能、仮想化サーバ管理機能を提供する「Hinemos VM管理オプション」と合わせて利用できるようにするという。

 これにより、OpenFlowを活用した際の運用コストの増加抑制や削減だけでなく、サービスレベル維持のためのより迅速かつ柔軟な対応が可能になるとしている。OpenFlow対応オプションの価格は未定。Hinemosオプション製品の1つとして、2011年内の販売開始を予定している。

-PR-企画特集