logo

「ネットの匿名は信用できない」--ユニクロ柳井会長がFacebookを選んだ理由

鳴海淳義(編集部)2011年02月17日 17時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニクロが2月17日に、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Facebook」と連動するファッションコミュニティサイト「UNIQLOOKS」を公開した。

 UNIQLOOKSはユーザーがユニクロ商品を含むコーディネートを投稿し、友人間で共有してコミュニケーションを楽しむサイト。Facebookと連動し、参加者と「いいね!」やコメントで交流できるようになっている。気になったアイテムはユニクロのECサイトから購入できる。

 ユニクロがこれまでのUNIQLOCKやUNIQLO CALENDAR、UNIQLO LUCKY LINEなどで得たノウハウをつぎ込み、ソーシャルな関係性、リアルタイムな反応、そしてグローバルなコミュニケーションに取り組んだ最新のウェブマーケティング施策だ。

ユニクロ代表取締役会長の柳井正氏ユニクロ代表取締役会長の柳井正氏

 数あるSNSからFacebookを選んだ理由を、同社代表取締役会長の柳井正氏に聞くと、まずはその規模に期待する答えが返ってきた。「Facebookはアクセス数でGoogleを超えた。世界最大のコミュニティがそこにはある。どうせお店を出すなら世界最大の市場がいい」(柳井氏)

 また実名制を敷いているところもメリットと捉えている。「Facebookは個人対個人で、しかも匿名でなく実名。これは責任を取れる情報をお互いに交換するということ。それが可能なのは、いまだとFacebookが一番」と柳井氏は語った。

 ただFacebookの普及は日本市場では限定的。実名制への抵抗もみられる。これについて柳井氏は、「特に日本ではそうだが、インターネットの匿名制は信用できないと思う。本当に参加したとはいえない。単純に意見を言っただけで責任がないからだ。『自分はこう思う』と言ってほしいが、やっぱりそれは実名でなければいけない。Facebookは一番正確に情報を発信したり、受信したりできる媒体で、いまのところアクセス数は世界最大」と、あくまでグローバルの強みと、実名制への期待を強調した。

 今後のマーケティング施策の方向性については次のように語った。「いまの時代、個人が新聞社で、個人がテレビ局。誰でもコミュニケーションが可能になっている。そういう場でマーケティングをしないといけない。テレビや新聞などのマス媒体だけでは、いまの時代に対応できない」(柳井氏)

◇ユニクロの関連ニュース
ソーシャルで、リアルタイムで、もちろんグローバル--ユニクロがFacebook連動コミュニティ

-PR-企画特集