logo

Facebook、「Facebook Deals」発表--地元商店のキャンペーン情報を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間11月3日、新サービス「Facebook Deals」を同社本社で開催されたモバイルイベントで発表した。

 Dealsは、ユーザーが自分がいる場所にFacebookでチェックインすると、近隣の商店や企業が提供するキャンペーン情報を表示するサービス。近日中に米国ユーザーに対して提供が順次開始される。

 Facebookでプロダクトマーケティングチームを率いるJon Fougner氏は、「『Facebook Places』の公開により、ユーザーは自分のいる場所について友人に知らせたり、誰が近くにいるかを知ったりすることが可能になったが、Dealsの公開により、ユーザーはどのようなキャンペーンが近隣で提供されているかを知ることができ、また、その情報を友人と共有できるようになった」と同社ブログへの投稿で述べている。

 Dealsの使い方としては、まず、touch.facebook.comまたは最新のiPhone版Facebookで「Places」、そして、「Check In」をタッチする。すると、キャンペーン情報のある近隣のPlace(場所)が黄色いアイコンとともに表示されるので、目的の場所にタッチして具体的なキャンペーン内容にアクセスできる。さらに、これにチェックインすることで申し込みを行うことが可能。

 Facebookによると、Gap、H&M、McDonald's、Starbucksを含む複数の企業がDealsによるキャンペーン提供を数週間以内に米国で開始する計画であるという。

  • touch.facebook.comまたは最新のiPhone版Facebookで「Places」、そして、「Check In」をタッチする。

    提供:Facobook

  • 目的の場所をタッチすると、キャンペーン内容が表示されるので、チェックインすることで申し込みが行われる。

    提供:Facobook

  • 電話をレジで見せるとディスカウントを受けることができる。

    提供:Facobook

-PR-企画特集