logo

DACがアイレップの連結子会社化へ向けてTOB--シナジーや新分野開拓で連携強化

別井貴志(編集部)2010年10月28日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メディアレップ大手のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は10月27日、検索エンジンマーケティング(SEM)を手がけるアイレップを連結子会社化するために株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。両者は2010年5月頃から協議を重ね、アイレップもこのTOBに賛同している。

 TOBは1株あたり10万円で、10月28日から11月29日まで実施される。アイレップは大阪証券取引所JASDAQグロース市場に上場しているが、子会社化以降も上場維持を希望している。アイレップ株の10月27日の終値は7万7000円で、TOBの発表を受けた10月28日の取り引きでは10万円にさや寄せする形で買いが集まり、ストップ高買い気配で値が付かない状況だ。一方のDACは同スタンダード市場に上場しており、10月28日の株価は急伸している。

 両者のこれまでの主な関係は、まず2007年12月にリスティング広告を中心としたサービス提供を行うレリバンシー・プラス(DACの持ち株比率51.00%)を共同で設立した。その後、2009年6月にDACがアイレップ株式の20.55%(5704株)を取得して、同社を持分法適用関連会社にし、提携関係を強化してきた。レリバンシー・プラスについては、TOB成立後に2011年1月1日付けでアイレップの完全子会社にする予定だ。

 このように、両者はアイレップが強みとするSEM領域で協業してきたが、競合が乱立する中で中長期的に確固たる地位を確保し続けるには、さらなる連携の強化が必要だと考え協議を重ねてきた。今後、事業シナジーの強化やスケールメリットの追求、グループとしての経営効率化を図り一段の成長を目指す。TOB後の具体的な施策は以下のとおり掲げている。

  • DAC子会社であるレリバンシー・プラスをアイレップの完全子会社としたうえで、事業シナジーを追求し、管理費用を削減することでグループ全体としてのさらなる経営効率化の推進
  • DACのインターネット広告テクノロジとアイレップのSEM関連テクノロジの融合による新しいSEM周辺領域事業の開発
  • アイレップにおける、SEM領域でのモバイル端末へのサービスや、SEM領域の周辺領域であるクリエイティブ領域などの強化、およびさまざまな広告周辺領域で事業を展開するグループ各社とアイレップとの共同事業の推進
  • アイレップによる現状の「SEM専業会社」から、その周辺領域やソーシャルメディアマーケティング、さらには新デバイス(スマートフォンなど)などを含めたデジタル領域全般のマーケティングサービスをワンストップで提供する「デジタルマーケティングエージェンシー」への移行
  • 海外へ進出する両者の取引顧客に対して、DACのインターネット広告関連ソリューションとアイレップのSEM関連ソリューションを提供するなどのグローバル領域での協業

-PR-企画特集