Evernoteとスケジュールを同期--iPhone向けカレンダーアプリ「SnapCal」

藤井涼(編集部)2010年10月21日 18時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォテリアは10月21日、Twitterのフォロワーとスケジュールを共有できるiPhone向けカレンダーアプリ「TwitCal(ツイットカル)」をバージョンアップした。新たに「Evernote」との連携機能を実装し、アプリ名を「SnapCal(スナップカル)」に改名して提供する。価格は無料だが、アプリ内に広告が表示されない有償版(115円)も用意した。

 SnapCalでは、Evernoteに保存されたメールの文面や打ち合わせ時のメモから、日付や時間、場所などのスケジュール情報を自動で抽出してカレンダーに登録する。SnapCalに登録したスケジュール情報をEvernote上に取り込むこともできる。

  • カレンダー画面

  • Evernote から抽出されたスケジュール

 また、Twitter経由でのイベント情報の共有機能や、Googleカレンダーとの同期機能も搭載した。アプリは7カ国語(英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語、日本語)に対応するという。

  • 握手を交わすインフォテリア代表取締役社長の平野洋一郎氏とEvernote CEOのPhil Libin氏

 同日の記者会見に出席したEvernote CEOのPhil Libin氏は、「Evernoteとして初めてカレンダーとの統合が実現したことを嬉しく思っている」と今回の提携の喜びを語り、SnapCalの機能を世界中のEvernoteユーザーに向けてプロモートしていくとした。

 また、Phil氏は世界における470万人のEvernoteユーザーのうち、約20%が日本のユーザーであるというデータを紹介し、今後も日本市場に向けての展開を強めていく意向を示した。

 Evernoteは10月19日、Sequoia CapitalがリードするシリーズCの投資ラウンドで2000万ドルの資金調達に成功したことを発表している。この資金の使い道については、Evernoteのさらなる機能の充実にあてていくとした。また、その方法として自社開発や、パートナーとの協業、小規模企業の買収などを例に挙げ、最も理にかなった方法で行なうと説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加