logo

cci、オンラインアドエクスチェンジ「OpenX Market Japan」を年内に提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバー・コミュニケーションズ(cci)は9月1日、米OpenX Technologiesと提携したことを発表した。同社のオンラインアドエクスチェンジサービス「OpenX Market」を日本向けにローカライズした「OpenX Market Japan」を年内に提供開始する。

 OpenX Market Japanは、媒体社やアドネットワーク運営者が、自社で広告販売した後の在庫の一部を一元的に集約し、広告会社にリアルタイムオークションで提供するサービス。

 媒体社は、提供した広告枠に最低単価を設定できる。オークションは1インプレッションごとにリアルタイムで実行されるため、広告枠を常に最も高い価格で取引きできる。また広告会社は、さまざまな媒体の視聴者の中から的確にターゲットオーディエンスだけにリーチできるため、より効率的に広告枠を買付けできるという。

 米国の主要なデマンドサイドプラットフォーム(DSP)、サプライサイドプラットフォーム(SSP)とも連携しており、海外企業や海外メディアとの取引機会も提供するとしている。

-PR-企画特集