logo

「SproutCore」の主要開発者、アップルを離職して新興企業を設立

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月08日 08時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リッチウェブアプリケーションを構築するためのプログラミングツール「SproutCore」の主要な開発者の1人であるCharles Jolley氏は、Appleを離れ、その技術を基にした自身の新しい企業を立ち上げた。

 Jolley氏は先週ブログ投稿で、新しい企業であるStrobe Digital Publishingを発表し、同社はSproutCoreの開発を続行し、SproutCoreのトレーニングを提供し、パブリッシングに注力すると述べた。

 「数種類の技術トレンドが収束し、それぞれ単体の場合よりもずっと素晴らしい結果をもたらすことが往々にしてある。(『iPad』などの)携帯端末とHTML5についてもそのような状態に達しているとわたしは思う」とJolley氏は述べた。「そのため、わたしは約1カ月前、Appleを離職し、ネイティブ形式のアプリケーションの優れた使用性を携帯端末に実現する企業を支援することを目的とした新しい会社を設立しようと決断した。現時点では、デジタルパブリッシング分野をターゲットとしている」(Jolley氏)

 Appleの「MobileMe」製品に使用されているSproutCoreは、オープンソースソフトウェアのままとする予定であると同氏は付け加えた。「SproutCoreは、現在、そしてこれから先もずっと、完全にフリーであり、オープンソースである」と同氏は述べた。

 SproutCoreは、ブラウザのますます高速化するJavaScriptエンジンが、より優れたユーザーインターフェースを提供できるようにするためのコードライブラリを提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集