logo

スパイア、頓智ドットと資本業務提携--AR広告を共同開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スパイアは7月7日、拡張現実(Augmented Reality:AR)アプリケーション「セカイカメラ」を開発する頓智ドットとの資本業務提携を発表した。頓智ドットが実施する第三者割当増資を、スパイアが引き受ける。

 セカイカメラは、スマートフォンのカメラで撮影した現実の映像に、「エアタグ」と呼ばれる情報をオーバーレイ表示するサービス。ユーザーは、エアタグを投稿したり、ほかのユーザーが投稿したエアタグを閲覧したりできる。頓智ドットでは現在、セカイカメラのグローバル展開をはじめ、セカイカメラをプラットフォームにしたソーシャルゲームの事業化、収益化を進めている。

 一方のスパイアは、スマートフォン関連事業の強化を今後の重要戦略ととらえており、スマートフォン向けアプリケーションを提供するほか、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)やアイメディアドライブとともにスマートフォン向けの広告ネットワーク「Smarti」を開始している。

 今回の提携により、スパイアと頓智ドットは、セカイカメラのプラットフォームや技術を活用した広告、マーケティング事業を共同で進め、両社のスマートフォン関連事業の強化を図る。

 今後は、セカイカメラのユニークユーザーやトラフィックを活用したスマートフォン向け広告商品を開発するほか、AR技術やエアタグを活用したプロモーション、タイアップなどに取り組むとしている。

-PR-企画特集