厚さ約半分へ--シャープ、超小型地デジチューナーユニットを開発

加納恵(編集部)2010年06月28日 16時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは6月28日、厚さ約5mmの地上デジタル、アナログ放送受信用チューナーユニット「VA1N2WF2121」を開発、発表した。新開発のシリコンチューナICの搭載により小型化を実現したという。8月30日から量産を開始する。月産台数は50万台。サンプル価格は2万円だ。

 VA1N2WF2121は、30mm×29.6mm×5mmの小型化で、従来製品に比べ約半分程度にまで薄型化されているという。本体にはシリコンチューナICを搭載。部品点数を従来の約300点から約80点へと大幅に削減したほか、デジタル信号処理回路と低ノイズアンプにより、受信性能を向上させたとしている。全世界の地上デジタル、アナログ放送に対応する。

 シャープでは、チューナの小型化によって複数チャンネルの同時受信や、チューナ搭載機器の薄型、小型デザインが実現するとしている。

「VA1N2WF2121」 「VA1N2WF2121」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加