SAPジャパン、パートナーによる中堅企業向けERP導入プログラムを強化

ZDNet Japan Staff2010年04月12日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは4月12日、SAPのパートナーが中堅企業に向けてERPを短期間かつ低コストで導入するためのプログラム「SAP Business All-in-One fast-start program」を強化すると発表した。

 同プログラムは、サービス、商社および卸、製造業界の中堅企業を対象にしたERPの導入プログラムで、ウェブ上にてシステム構成のシミュレーションができるツール「オンライン・ソリューション・コンフィギュレーター」によって導入にかかる費用をその場で試算できることが特長だ。

 同プログラムによるソリューションは、これまでSAPジャパンが中心となって提供してきたが、今回パートナーからも提供されることになる。これにより、パートナーごとの固定価格モデル(2500万円〜)が採用されるほか、業種や分野に特化しパートナーごとにカスタマイズされたソリューションがオンライン・ソリューション・コンフィギュレーターに組み込まれ、各パートナーの得意分野や強みを生かしたシナリオを含む独自のソリューションが提供されるようになる。また、ビジネスインテリジェンス(BI)アプリケーションやCRMアプリケーションもSAP ERPと連携して同プログラムで提供されるという。

 SAPジャパンとともに同プログラムの共同展開を行う当初のパートナー企業は、キヤノンITソリューションズ、テクノスジャパン、日本ソフトウエア、日本ビジネスコンピューターの4社。SAPジャパンでは、年内に15社のパートナーが同プログラムに参画することを目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加