logo

アップル取締役のJ・ヨーク氏、71歳で死去

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年03月19日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間3月18日、同社取締役のJerome B.(Jerry)York氏が亡くなったと発表した。

 71歳のYork氏は16日夜に脳出血で倒れ、入院していた。

 York氏は13年間にわたってAppleの取締役を務めたほか、Harwinton Capitalの会長、プレジデント、最高経営責任者(CEO)も兼任していた。過去には、IBMとChryslerの両社で最高財務責任者(CFO)を務めたこともあった。

 「Jerry氏は多くの人がAppleの将来に疑念を抱いていた1997年に弊社の取締役会に加わった。Jerry氏は12年以上にわたり、弊社取締役会で、財務とビジネスに関する専門知識と洞察力の中心的存在だった」とAppleのCEOであるSteve Jobs氏は18日、声明の中で述べた。「Jerry氏を知り、一緒に働けたのは名誉なことだった。そして、私はJerry氏がいなくなったことを非常に寂しく思うだろう」(Jobs氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集