logo

「BlackBerry」で動作のスパイウェア--セキュリティ研究者、脆弱性への警戒呼びかけで作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「BlackBerry」が悪意のあるアプリケーションに対して脆弱であることを示すため、セキュリティ企業Veracode Research Labの研究者がスパイウェアを作成した。同スパイウェア「TXSBBSpy」を作成したのは、同社のシニアリサーチャーTyler Shields氏。TXSBBSpyを悪用すると、BlackBerryから連絡先データの取得、SMSメッセージの閲覧、GPS機能を利用した位置の特定などが可能になる。同氏は、「この種のコードを作成するのは、携帯電話会社から開発者へと提供されるAPIを利用すれば簡単だ」と述べている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]