logo

ニフティ、1時間単位で使える従量制クラウド「ニフティクラウド」を提供

鳴海淳義(編集部)2010年01月26日 16時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは1月27日より、ニフティのサービス基盤を活用したクラウドサービス「ニフティクラウド」を提供することを発表した。

 ニフティクラウドは、ユーザーの利用状況に応じてサーバやメモリの増設にオンラインで対応できるオンデマンド性、1時間単位で利用できる従量制の料金プラン、大規模システムを運営する仮想化技術を活用したシステム構成の3つの特長がある。

 サーバの準備にかかる時間は約5分。ニフティクラウドのユーザーは24時間利用したいタイミングでサーバを起動できるという。オンラインでサーバやメモリを増設するための専用コントロールパネルが用意される。

 サーバの料金は従量制で1時間12.6円から。別途月額払いの定額制もある。待機サーバとして利用したいという要望に応え、サーバが停止状態でも1時間5.25円から利用できるプランも用意した。

ニフティクラウドの基本メニューニフティクラウドの基本メニュー

 基本ディスク容量は30Gバイト。追加ディスクは100Gバイト単位で有償オプションとして利用できる。ネットワーク転送料はインターネット側データ転送量1Gバイトあたり15.75円の従量制となっている。OSは以下の3種類から選べる。

  • CentOS 5.3 32bit/64bit
  • Red hat 5.x 32bit/64bit 2010年4月導入予定
  • Windows Server 2008 R2 SE/EE(64bit) 2010年4月導入予定

 ニフティは現在160の「@nifty」サービスを仮想化技術によりクラウド環境で運用中だという。同社のクラウド事業では@niftyのサービスで実績を持つ仮想化運営ノウハウを提供する。

ニフティクラウドニフティクラウドのダッシュボード画面イメージ
ニフティクラウドニフティクラウドのサーバ操作画面イメージ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]