logo

パナソニックの新「DIGA」はフルHD10倍録画にダブルで対応

加納恵(編集部)2010年01月19日 18時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月19日、Blu-ray Discレコーダーの「DIGA」シリーズにおいて「DMR-BW880」(BW880)、「DMR-BW780」(BW780)、「DMR-BW680」(BW680)、「DMR-BR580」(BR580)の4機種を発表した。2月15日に発売する。価格はオープン。

 いずれも第4世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダーである新アドバンスドAVCエンコーダーの搭載により、2番組同時にフルハイビジョン画質で10倍の長時間が録画できる「フルハイビジョンW 10倍録画」を実現。50GバイトのBlu-ray Discに約43時間、DVDにも約4時間のフルハイビジョン録画ができるという。

 録画した番組をSDカードを介して外部機器へと持ち出せる番組持ち出し機能は、ワンセグ画質、高画質の2つからチョイスできる「新・番組持ち出し」へ進化。録画番組以外にも、「アクトビラ ビデオ・ダウンロードサービス」で購入したコンテンツ、ハイビジョンムービーで撮影したAVCHD映像なども、DIGA経由でSDカードに保存できる。

 上位3機種BW880、BW780、BW680には、「新リアルクロマプロセッサ」を内蔵し、色の垂直解像度を従来比で約2倍に向上。色のキレと精細感が増した高画質映像が再生できるという。また、アニメ素材を最適な画質で映し出す「アニメモード」も備える。

 最上位機のBW880は、アクトビラやYouTubeなどのインターネットコンテンツが視聴できる、無線LANに対応。別売の無線LANアダプタ「DY-WL10」(店頭想定価格:1万円前後)を接続すれば、LAN端子のない部屋でも利用が可能だ。

 本体サイズは全機種ともに、高さ59mm×幅430mm×奥行き199mmのコンパクトボディ。上位3機種には地上、BS、110CSチューナーを各2基、BR580には1基内蔵する。

  • DMR-BW880(HDD:1Tバイト、店頭想定価格:16万円前後)
  • DMR-BW780(HDD:750Gバイト、店頭想定価格:14万円前後)
  • DMR-BW680(HDD:500Gバイト、店頭想定価格:12万円前後)
  • DMR-BR580(HDD:500Gバイト、店頭想定価格:10万円前後)
「DMR-BW880」、「DMR-BW780」、「DMR-BW680」、「DMR-BR580」 「DMR-BW880」、「DMR-BW780」、「DMR-BW680」、「DMR-BR580」

-PR-企画特集