logo

「PlayStationAwords 2009」受賞タイトルが発表に!--「モンスターハンター」タイトルは3年連続の受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテイメントジャパンは本日2009年12月3日、東京・青山迎賓館において日本国内でヒットしたタイトルを表彰する「PlayStation Awards 2009(以下、「PS Awards」)」受賞タイトルを発表した。

「PS Awards」では、累計出荷本数50万本以上100万本未満のタイトルには「ゴールドプライズ」が、そして累計出荷本数100万本以上200万本未満のタイトルには「プラチナプライズ」が贈られる。

 今年の「PS Awards」ゴールドプライズに選ばれたのは、PS3「龍が如く3」、PS3「バイオハザード5」、PSP「ディシディアファイナルファンタジー」の3タイトル。

PSA2009 PSA2009 PSA2009

 そしてプラチナプライズに選ばれたのは、PSP「モンスターハンターポータブル 2nd G PSP the Best」となっている。

PSA2009
PSA2009 平井一夫氏

 また、表彰が行われた会場では、ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長兼グループCEO・平井 一夫氏が登場し、授賞式を執り行った。平井氏はまず始まりの挨拶として「今年はオリジナルのプレイステーションを発売させていただいてから、ちょうど15年周年になります。長い間みなさんにプレイステーションを支えていただいて嬉しく思っています」と感謝の意を述べた。

 さらに、先にお伝えしたゴールドプライズ、プラチナプライズ以外にも、PlayStation Network内において「Newゲーム」のカテゴリー内でダウンロード数上位5タイトルに「PlayStation Store 特別賞2009」を贈るとした。

 その5タイトルは以下のようになっている。

「ゴミ箱 -GOMIBAKO-」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「みんなでスペランカー」(アイレムソフトウェアエンジニアリング)
「葛城ミサト報道計画」(バンダイナムコゲームス)
「ボンバーマンウルトラ」(ハドソン)
「バトルフィールド1943」(エレクトロニック・アーツ)

PSA2009 カプコン・辻本良三氏

 その後はゴールドプライズのタイトルから順に表彰が行われ、最後にプラチナプライズの「モンスターハンターポータブル 2nd G PSP the Best」の表彰が行われた。そこでは、同作のプロデューサー・辻本 良三氏が登場し「まさか今年この場に立てるとは思っていなかったので、嬉しい限りです。『モンスターハンター』はすべてのボタンを使うアクションゲームですが、幅広い年齢層の人や女性の方にも多くプレイしていただけていることが凄く嬉しいです。今後もゲームユーザーの層を広げられるよう、頑張っていきます」とコメントした。

 最後に平井氏が再度登壇し、「今回受賞したみなさま、おめでとうございます。特に『モンスターハンター』タイトルは3年連続でPS Awardsを受賞しています。これはPS Awards始まって以来の快挙です」と、受賞を終えての感想を述べた。さらに続けて「今回『PlayStation Store特別賞』を設けさせていただきましたが、ディスクベースのビジネスはもちろんのこと、同時にネットワークビジネスも拡充していきたいと思っております」と、今後の展開を語り、授賞式は終了となった。

PSA2009

PlayStation公式サイト
http://www.jp.playstation.com/

(C) Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]