logo

「IE」対「Firefox」の新たな局面--レンダリング性能を改善する新技術 - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年11月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この新しいインターフェースの潜在的なメリットとWindow 7の商業的な成功を考えると、競争がすでに始まっていることは間違いない。Microsoftは社内の開発者を焚きつけているが、同社のブラウザはここ数年、技術面の多くでFirefoxをはじめとするライバルに後れを取っている。また多くのウェブ開発者は、いまだ広く使われているIEの旧バージョンを嫌っている。IEの市場シェアは全体としては優勢だが、着実に侵食されている。

 このインターフェースが注目されていることで、Googleでもアイデアが生まれようとしている。「Google Chrome」のプログラマーPeter Kasting氏は、11月22日に登録したChromeの課題の中で、この話題に関するSchouten氏のブログ記事を「動機」として紹介した。

 Kasting氏は「もしレンダリング時間を短縮できるなら、最も目につく利点はおそらく、スクロールがスムーズに感じられることだろう」と言う。同氏はまた、10月に、ChromeでのDirectWriteのサポートについても注意を向けているが、現在の同ブラウザの、セキュリティのためにブラウザの要素を隔離する「サンドボックス」設計では、これは動作しないかもしれないとただし書きをしている。

 Mozillaにも披露すべき独自の成果がある。Schouten氏は、さまざまなウェブページを表示する際のパフォーマンスの改善を示すグラフを提供した。Facebook、Google、Twitterは、Direct2Dを使用することにより、半分の時間でスクリーン上にレンダリングされた。SlashdotとWikipediaのエントリはほとんど変わらなかった。移動およびサイズ変更可能なグラフィックスを表示するためのScalable Vector Graphics(SVG)形式を使った負荷の大きいページの1つは、11ミリ秒から4ミリ秒以下と2倍を超える速さを示した。

実際には何が変わるのか

 Direct2Dは、Windows XPで使われていたGraphics Device Interface(GDI)という旧式のテクノロジに替わるものだ。どちらも、ビデオカードの性能や設定の詳細を気遣うことなく、プログラムが演算用ハードウェアを利用できるようにするためのものだが、Direct2Dはハードウェアアクセラレーション機能を利用する。

 MicrosoftのDirectWriteを使えば多くのフォントで表示が滑らかになる。 MicrosoftのDirectWriteを使えば多くのフォントで表示が滑らかになる。
提供:Microsoft

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]