logo

4人の男によって新たな伝説が--「龍が如く4 伝説を継ぐもの」最新情報を公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガは、2010年春に発売を予定しているPS3用ソフト「龍が如く4 伝説を継ぐもの」の最新情報を公開した。

「龍が如く4 伝説を継ぐもの」は、2010年の東京にある架空の街「神室町」を舞台に、4人の主人公たちの熱きドラマを描いたアクション・アドベンチャーゲーム。

龍が如く4 龍が如く4
龍が如く4

 リアルな大歓楽街を舞台に繰り広げられるストーリーだけでなく、爽快な「ケンカバトル」も進化を遂げ、4人の主人公によって異なるバトルアクションが楽しめるようになっている。

 今回は、本作のストーリーや、物語を織り成す多数の登場キャラクターを紹介していこう。

4人の男たちによる新たな伝説


2010年3月1日、深夜24時5分。東京・神室町。
アジア最大の歓楽街で同時に起きた“日常的な”2つの事件。

龍が如く4

東城会系の弱小組織「金村興業」。
そのシマで起きたチンピラ同士の些細な抗争と発砲事件。射殺されたのは東城会と親戚関係にある組織、上野誠和会の男だった。


事件の収拾に奔走する金村興業の若衆たち。しかしその最中、金村興業の組長が刺殺死体となり発見される――

神室町ではよくある極道組織の小さな抗争事件。
だがそれは、とある計画の伏線に過ぎなかった……。

この時既に男たちの短く、そして熱い闘いは始まっていた……。

事件を皮切りに露になる、野望を秘めた男たちの本性。
金と権力、地位と名誉。剥き出しとなった欲望が、激しくぶつかり合う。

龍が如く4

しかしその中心には1人の女性の姿があった……。

儚き希望のために動く、美しくも哀しき1人の女。

その存在が、今まで決して交わることの無かった男たちを結び付けてしまう。

誰彼構わず金を貸すという謎の金貸し。
過去にたった1人で18人もの極道を殺害した死刑囚の男。
神室町のダニと呼ばれる汚職まみれの若き刑事。
そして、過去にこの街で幾度と無く奇跡を起こしてきた、伝説の元極道……。

それぞれの強き信念を持った“4人”の男たちは、1人の女性に導かれるように再び街へと集い、そして出会う。
まるでそれが4人の「運命」であったかのように……。

チンピラ同士の陳腐な発砲騒動により幕を明ける、権力者たちの“壮大な計画”と東城会の過去……。
騙し騙され、数々の裏切りを経て明らかになっていく事件の真相。

決して怯むことのない4人の男たちが1つになった時、神室町に新たな伝説が生まれる。

龍が如く4

伝説を継ぐ4人の男たち

■桐生 一馬(きりゅう かずま)

伝説の龍/元東城会四代目
龍が如く4

 元東城会四代目会長であり、神室町の伝説となっている元極道。3年前から沖縄の養護施設「アサガオ」を運営し、桐生最愛の女性「由美」の娘・遥と共に慎ましくも穏やかな生活を過ごしている。

 1年前、2009年に起こった沖縄のリゾート開発による土地買収騒動に巻き込まれた際は、襲われた地元の人間を守るため、再び立ち上がる。
 その後、事件の黒幕にいた男たちとの激しい闘いに決着をつけるも、敵対していた浜崎組組長・浜崎豪に刺され負傷。一命を取りとめるものの、沖縄での静養を余儀なくされる。
 2010年3月現在は、傷も完治し、再び元の幸せな生活をおくっている。

龍が如く4
龍が如く4

■秋山 駿(あきやま しゅん)

元ホームレスの街金融/街金融スカイファイナンス社長
龍が如く4

 33歳。数年前まで神室町でホームレスをしていたという謎の金貸し。天下一通り沿いの雑居ビルの一室で、「スカイファイナンス」という店を経営する。通称「駆け込み寺」とも呼ばれ、他の街金融が融資を断ったような客にまで金を貸し付けているというが、その理由は一切不明。一部の噂では、金を借りに来た客に“条件”と称して特殊なテストをさせているとの話もある。

 元ホームレスという異色の経歴のせいか、格好や世間体には無頓着。店の運営も事務員の「花」に任せ、自分は好きな時間に出社し、好きなだけ昼寝し、好きな時に外出するという着の身着のままの典型的なワンマンスタイルを貫く。
 2010年3月1日、その日も店のソファで昼寝をしていた秋山の元に、事務員の花から一本の電話が入り、貸付金の回収を催促される。嫌々ながら雨の神室町へと繰り出した秋山は、とある極道組織の争いに巻き込まれるが……。

龍が如く4 龍が如く4
龍が如く4

■冴島 大河(さえじま たいが)

極道18人殺しの脱獄囚/元東城会直系笹井組若衆
龍が如く4

 元東城会直系笹井組若衆。1985年4月に都内某所で起こった、極道組織・上野誠和会組員18人が殺害された事件「上野吉春襲撃事件」の実行犯。当時、東城会と敵対していた上野誠和会を襲撃した冴島は、その数ヵ月後「死刑」判決を受け、東京刑務所に服役する。

 それから25年……。死刑執行の日を待ち続けながら、冴島は他人と交わることもなく孤独な服役生活を送っていた。しかし2010年3月。突然転機が訪れる。25年間暮らした東京刑務所からの移送。移送先は、誰もその存在を知らない「謎の刑務所」だった……。
 特例的な死刑囚の移送。理由も知らないまま冴島が移送された刑務所には、手練の極悪人が集められていた。その中には、あの元東城会の大幹部の姿も……。

 25年という時を経て明らかになる「襲撃事件」の裏の真相。冴島は、自分の信じていたものを確かめるため、仁義を貫き通すため、死を覚悟の上、動き出す……。

龍が如く4 龍が如く4
龍が如く4

■谷村 正義(たにむら まさよし)

神室町のダニと呼ばれる刑事/警視庁神室署生活安全課刑事
龍が如く4

 29歳。警視庁神室署生活安全課に属する刑事。アジア最大の歓楽街でもあり、全国一の犯罪都市でもある神室町。その神室町に数多ある違法風俗店に、頻繁に出入りしては違法行為を見逃す代わりに賄賂をもらっている。
 その行動から“神室町のダニ”と呼ばれている汚職刑事。特に不法入国した外人を不当に雇い、暴利をむさぼっている日本人経営者には厳しい一面を見せる。

 また無類のギャンブル好きとして知られ、勤務時間中にラジオの競馬中継を聴いていたり、雀荘に入り浸り、金銭を賭けることも。
 悪徳な面ばかりが目立つが、日夜神室町を徘徊するのには2つの大きな理由があった。1つは自分と同じ「風俗孤児」としての境遇を持つ人間への支援。そしてもう1つは、そんな自分をかつて救い出してくれた、養父の死の原因を突き止めることだった……。

龍が如く4 龍が如く4
龍が如く4

 次のページでも、引き続き本作に登場するキャラクターを紹介していこう。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]