アップル、「Mac OS X v10.6.2」をリリース--サーバ版もアップデート

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2009年11月10日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間11月9日、「Mac OS X Snow Leopard」のアップデートであるバージョン10.6.2をリリースした。

 Appleによると、ゲストアカウント利用時にデータが削除される恐れのあった重大な問題は修正されたという。このバグはすべてのユーザーに影響を及ぼしたわけではないが、この数週間に渡りユーザー間での懸念は広がっていた。

 Mac OS X 10.6.2は多くのセキュリティ問題を修正するほか、一部のユーザーが予期せずシステムからログアウトする現象など、同OSで発見されている14件の問題に対応している。

 「Exchange」のコンタクト情報を使用している場合、「Spotlight」の検索結果で同ソフトウェアのコンタクト情報を表示可能になる。また、新バージョンではExchangeサーバをセットアップしても、Appleの「Mail」アプリケーションがクラッシュしなくなるという。

 このアップデートでは、「iWork」「iLife」「Aperture」「Final Cut Studio」「MobileMe」「iDisk」に対して、Appleの説明を借りると「全般的な信頼性の向上」が施されているという。

 Appleはまた、「Mac OS X Server v10.6.2」もリリースし、同社サーバ製品の問題に対応した。

 サーバアップデートでは、「Server Preferences」におけるユーザーの作成と削除、「Portable Home Directory」を使ったコンタクト情報の同期、受信メールメッセージのフィルタリングに関連する問題が修正されている。

 サーバ版ではまた、Appleの「System Image Utility」を使ったイメージファイルの作成や「NetRestore」イメージのインストールの自動化に関する問題も修正されている。

 Mac OS X 10.6.2のクライアント版、サーバ版はAppleのウェブサイトから無償アップデートを手に入れることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加