サイバーエージェント、広告効果検証システム「CAMP」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは10月28日、モバイルサイト向けサービスとして7月から提供している広告効果検証システム「CAMP(Cyber Agent Marketing Platform)」を、PCサイト向けサービスとして提供開始した。2010年9月までに導入社数300社を目指す。

 CAMPは、インターネット広告の出稿に伴う業務負荷の軽減、広告効果の最大化、広告プランニングの精度向上を図るシステム。PCサイト向けCAMPでは検索連動型広告に関連する機能を強化し、入稿時間の短縮化や、効果検証から改善までの高速化を実現したという。

 また、広告から広告主のウェブサイトへの流入数や目的ページへの到達数を出稿媒体別に集計できるほか、再来訪による目的ページ到達数などの効果集計や、アシストによる間接効果の集計が可能となっている。

 利用料金は、初期費用が10万円、月額利用料が広告クリック数による従量課金制で1万円からとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加