logo

セプテーニ、モバイル広告事業に特化した子会社「ミューム」を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セプテーニは10月1日、モバイル広告事業に特化した完全子会社「ミューム」を設立した。資本金は3000万円で、代表取締役社長には梅澤信哉氏が就任する。

 セプテーニではすでに、モバイル広告専門の部署を立ち上げて実績とノウハウを蓄積してきた。今回の新会社設立により、モバイル広告市場においてさらなる顧客需要に対応するとともに、セプテーニグループとしての競争力強化とシェア拡大を目指すとしている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集