logo

【TGS2009】発売に向けてもうひと頑張り--「エンド オブ エタニティ」の見所をステージイベントで披露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガは、TGS2009において、2009年冬に発売を予定しているPS3/Xbox 360「エンド オブ エタニティ」のステージイベントを実施した。

 イベント開始時にセガのプロデューサーである島野 光弘氏が登場した。気になる開発状況を聞かれた島野氏は「開発は一段落していまして、あとは発売に向けてもうひと頑張りというところです」と話した。

 さらにここで、本作の開発を手がけるトライエースのディレクター・勝呂 隆之氏が登場した。勝呂氏はディレクターとして「エンド オブ エタニティ」で特にこだわった点を聞かれると、「1つは練りこんだ世界観です。もう1つが爽快で派手な演出と、システムの面白さを兼ね備えたバトルです」とコメントした。

EoE EoE
島野 光弘氏(写真左)と、勝呂 隆之氏(写真右)

 両氏が登場したところでストーリーと世界観を紹介するムービーが公開され、ムービーの公開後には島野氏、勝呂氏がそれぞれ世界観やストーリーについての解説をしてくれた。

EoE EoE
EoE EoE
EoE

■世界観・ストーリーについて

島野氏:遠い未来の地球が舞台にしていまして、滅びつつある状態の中で人々が暮らしています。とある事件をきっかけに、本来交わることのなかった人々の運命が交わっていき、そこから物語が始まります。

勝呂氏:世界を滅ぼす悪い奴を倒す、という単純な勧善懲悪の世界ではなく、少し捻ったストーリー構成になっています。

 次に、物語を織り成す主人公たちの紹介へと移った。

■ゼファ

 幼い頃から施設で育った少年であり、銃の乱射事件を起こして頭を打ち抜かれるが、なぜか死ななかったという過去を持つ。ぶっきらぼうで愛想がない、子供っぽい性格。

EoE EoE
なぜ頭を打たれて生き残ったのかについては、物語に深くかかわる点なので、ここでは明かせないとのことだ。

■ヴァシュロン

 元軍人で、何でもできる良き兄貴といったキャラクター。

EoE EoE
スタッフの間ではかなり人気が高いというが、意外にもウェブの人気投票ではあまり人気が出なかったという。

■リーンベル

 ある事件で命を落としそうになったところをゼファーに救われ、それからゼファー、ヴァシュロンの2人と行動するようになった。

EoE EoE
ゲーム中で守ってあげたくなる部分もあるが、おてんばなところもあるとか。

 キャラクター紹介の後には、実機を用いた戦闘シーンが披露された。デモプレイは島野氏が担当し、派手な攻撃アクションを多数繰り広げているなか、戦闘シーンの解説をしてくれた勝呂氏は「画面を見ると操作が大変そうに見えますが、実際は非常にシンプルで、片手でも操作できてしまうぐらいです」と話していた。

EoE EoE
基本的に走りながら攻撃するシンビンシブルアクションがメインとなる。止まったままでも攻撃できるが、上級者向けだという。

 戦闘シーンのデモプレイが終わると、今度はゲーム中で服装を変えるまでの流れをプレイしてくれた。

 ゲーム内では、主人公の暮らすアジトのリビングにあるクローゼットにて着替えることができる。

EoE EoE
EoE EoE
EoE 衣装はかなりの数が用意されているようで、中には男でも女性でもニヤニヤできる服装があるという。

 さらに本作では、衣装を変えることで戦闘やフィールドでも反映されるだけでなく、ムービーにも反映されるシステムになっている。

EoE ここに映っている衣装は、ステージで島野氏と勝呂氏が着ていた衣装と同じものだ。

 服はゲームの攻略面には影響しないので、戦闘時でも能力を気にせず、自由な服装で戦える。ただ、「他の装備を購入できなくなるぐらい服を買ってしまうと、攻略に影響がでるかもしれないですね」と勝呂氏が冗談交じりのコメントをする場面も。

 この後には、本作の音楽を担当した桜庭 統氏と田中 公平氏から寄せられたメッセージが公開された。

 主にバトル中心に楽曲を提供している桜庭氏からは「今まではゲームの画面に合わせて、オーケストラ風の曲が多かったですが、今回はロック調の曲を担当させてもらいました。ゲームを楽しむのはもちろんですが、音楽にも耳を傾けて楽しんでいただけたらと思います」とのコメントが。

EoE

 そしてイベントムービーの楽曲を中心に担当した田中氏は「今回の楽曲は競作で、桜庭さんはロックベースのバンドの音楽、私の方はオーケストラの音楽という、両極に離れた音楽です。ですが、それが『エンド オブ エタニティ』の世界にうまくマッチしています。また、オープニングとエンディングの曲では、この1曲で『エンド オブ エタニティ』の世界を表すように作りましたので、スタートボタンなどで飛ばさずに、ぜひ1度最後まで見てください」と語った。

EoE

 なお、予約特典には音楽を担当した両氏による全10曲の楽曲が収録されたミニアルバム付いてくる。

EoE

 最後に勝呂氏と島野氏からコメントをいただき、ステージイベントは終了の時間となった。

勝呂氏:新鮮なプレイ感覚が体験できるように取り組みましたので、みなさん、ぜひ1度手にとって遊んでみてください。ちなみに、プレイしていただくときは立ち止まって攻撃しないで、インビンシブルアクションを駆使して走りながら戦ってください。

島野氏:まだまだお見せできない部分がいっぱいありまして、面白い要素もたくさんありますので、発売まで楽しみにしてください。

【エンド オブ エタニティ】

発売日:2009年冬発売予定
価格:未定
プラットフォーム:PS3/Xbox360
ジャンル:RPG

「エンド オブ エタニティ」公式サイト
http://eoe.sega.jp/

(C) SEGA
Developed by tri-Ace Inc.

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]