logo

マイクロソフト、Windows 7を3台までインストールできるファミリーパックなど発表

坂本純子(編集部)2009年09月24日 17時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月24日、10月22日に発売する「Windows 7」に関して、新たな販売戦略を発表した。

 Windows 7のパッケージ製品を、全国の家電量販店とオンラインショップで9月25日より予約受付を開始する。発売時間は、10月22日の午前9時以降であることも明らかにした。

  • 新たなWindows 7 発売記念優待パッケージが登場

 また、家庭のPCを3台までWindows 7 Home Premiumにアップグレードできる「Windows 7 Home Premiumアップグレード版 ファミリーパック」を10月18日より2万3999円で発売するほか、発売を記念したキャンペーン優待パッケージ製品「Windows 7 発売記念優待パッケージ」を10月22日より発売する。

 Windows 7 発売記念優待パッケージは2種類あり、Windows 7 Windows Home Premium版が1万3999円、Windows 7 Professional版が1万9999円となっている。

 これは6月26日より先行予約販売をした「優待アップグレードキャンペーン」と「Windowsありがとうキャンペーン」が数日で完売するなど好調だったことを受けたもの。前回は価格の下3桁がWindows 7にちなんで“777”だったのに対し、今回は“999”となっており、サンキューを意味するという。

 マイクロソフト コンシューマ&オンライン マーケティング統括本部 コンシューマーWindows本部 本部長の藤本恭史氏は、「本数が限られていたので購入できなかった人もいた。第2弾はやらないのかと言われていたが、その1つの答えが今回のパッケージ。日本市場のみで行われるキャンペーンで、長い時間かけて本社と協議した末に実現したもの」と話した。

 今回も数量限定で、正確な本数は明らかにはしていないが、「今回は前回よりも十分な数を用意することができたのではないかと思う」(藤本氏)という。なお、第3弾はなく「これが最後になる」としている。

  • indows Anytime Upgradeのラインアップ

 このほか、Windows 7の上位エディションにアップグレードできる「Windows Anytime Upgrade」の詳細を発表した。Windows Vistaでも同様の機能があるが、通常のインストールと同じぐらいかかった時間を約10分程度に短縮したほか、DVDなどのメディアを不要にし、Windows内から「Windows Anytime Upgrade」にアクセスするだけにするなど、大幅に手間を軽減した。

 このほか、Windows 7の発売に向けたカウントダウンキャンペーンサイト互換性情報サイトを本日より公開した。  また、10月中旬をめどにPCをスキャンしてWindows 7にアップグレードする際の問題点などをレポートする「Windows 7 Upgrade Advisor」を、Windows 7の情報交換を行うコミュニティ「Windows 7フォーラム」を10月下旬に公開するとしている。

  • 「Windows 7」のパッケージ

  • 数量限定のWindows 7 発売記念優待のパッケージ

  • 「Windows Anytime Upgrade」のパッケージ

-PR-企画特集