logo

ウィルコム、PHS基地局を活用した防災システムを自治体に販売

松田真理(マイカ)2009年09月10日 20時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは9月10日、既存のPHS基地局を活用した各種災害対策システムを開発し、地方自治体向けに「防災システムソリューション」として提供すると発表した。

 防災システムソリューションは、地方自治体の防災放送用スピーカーや緊急地震速報受信機、カメラなどを全国に16万局あるPHS基地局や住民宅に設置し、ウィルコムのネットワーク網と接続することで、自治体イントラネットを構築するというもの。これにより、地域の防災システムの構築や運用が容易になるという。現在、沖縄県金武町においてPHSの特徴を生かした防災システムの再構築が検討されているとのことだ。

 また、この防災システムソリューションの一環として、ウィルコムはメタウォーターと共同で、PHS基地局に雨量計測器を設置して観測する「雨量計測システム」を開発したことも明らかにしている。9月中に福井県福井市でシステムの試験運用を開始する予定だ。

 雨量計測システムは、ウィルコムが通信回線およびPHS基地局を提供、メタウォーターが雨量計測器および雨量情報システムを開発した。雨量計測器で観測した雨量データは、PHSネットワークを利用して地方自治体に設置した情報サーバに伝送される。

 今後両社は、雨量計測システムの全国的な普及に向けて取り組む。また、雨量情報および浸水予測情報を提供するシステムに発展させたいとしている。

防災システムソリューション

-PR-企画特集