logo

クレイトスの復讐劇の結末はいかに!?--シリーズ3部作の完結編『God of War III』がPS3で登場!

東軒清隆(GameSpot Japan)2009年09月11日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PS3専用ソフト『God of War III』(ゴッド・オブ・ウォーIII)を2010年3月に発売すると発表した。

GOWIII

 本作は、「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズの最新作にして、シリーズ3部作の完結編。

 ギリシャ神話を舞台に、伝説のスパルタの兵士であったクレイトスは、オリュンポスの頂上まで登りつめ、冥府の底まで落ち、裏切った者への復讐を果たすために、もがき戦い続ける。

 "ブレイズ"と新たな武器や魔法を備え、神話世界の怪物と戦いながら、手強いパズルを解き、遂に究極の相手と雌雄を決するクレイトス。

 果たしてクレイトスはオリュンポスの終焉をもたらすことができるのか。

ゲームのポイント

●PS3が実現するシリーズ最高のクオリティ

 PS3の処理能力と技術を最大限活用した過去シリーズ中、最高の作品クオリティ。ゲーム内で流れるムービーにもプレイ中と同じモデルを使用しているほど、ゲーム内モデルはハイスペックだ。

●圧倒的なスケール

 ステージのスケールは「ゴッド・オブ・ウォーII」の4倍。実寸大にして東京タワー以上に大きな、移動しているタイタンの上で敵と格闘したり、全てにおいて、かつてない壮大なスケールを実現しているぞ。

●リアリズム

 数千もあるダイナミックライトに照らされた環境でプレイヤーは戦うこととなる。テクスチャーも「ゴッド・オブ・ウォーII」の4倍の密度。筋肉繊維、浮き出る血管、豊かな表情の再現はもちろん、シリーズの特徴とも言える残虐表現にも、大きな影響と衝撃がもたらされている。

●確立されたゲームプレイ

 凄まじい格闘戦、手応えあるパズル要素、美しい環境…。確立されたシリーズの醍醐味は、PS3によって物語の壮大な最後を描くのに相応しい昇華を遂げているぞ。

●神話を舞台にした重厚なストーリー

 テーマは伝統的なギリシャ神話に忠実な内容で、神々との戦いや、選択の因果が織り込まれている。本作では、3部作の最終章に相応しい結末が語られることとなる。

●ライティング技術

 本作で使っている、ハイダイナミックレンジライティング(HDRL)技術は、人間の網膜をも再現し、明るい場所から暗い場所、暗い場所から、明るい場所に移動したときの、目の光調整をゲーム上で表現することが可能だ。

ゲームプレイの新要素をスクリーンショットで紹介

敵をつかんで突進!

敵をつかんでブン投げる!

PS3ならではの1人対大人数!

敵に乗って操れる!

 引き続き、登場キャラクターと今回、全世界初公開となるハデスSTAGEを紹介していく。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]