logo

富士通、ノートPCの紛失・盗難対策ソリューション「CLEARSURE」対応PCを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は8月24日、法人ユーザーを対象としたノートPCの紛失・盗難対策として、遠隔操作でPCに搭載されたHDDのデータを消去する「CLEARSURE(クリアシュア)」に対応した高性能モバイルPC「FMV-LIFEBOOK FMV-S8390」を発表した。9月上旬より販売を開始する。

 CLEARSUREは、FMV-LIFEBOOK FMV-S8390に内蔵した専用の通信モジュールにより、PHSネットワークを利用した遠隔操作でHDD内にあるデータをすべて消去できる。PCが通信圏内にある場合は、電源がオフの状態でもデータ消去が可能なため高度なセキュリティを実現する。

 PCへの指示は、HDD内のデータを解析・復元不可能状態にする「データ消去機能」とPCを起動させない「PCロック機能」があり、状況に応じた使い分けが可能だ。データ消去機能は、データを暗号化して保存する「暗号化機能付きHDD」の暗号解読に必要となる暗号鍵を瞬時に消去し、HDD内のデータを解析・復元不可能な状態にする。PCロック機能は、PCの動作そのものを抑止するため、第3者がPCを操作することを防ぐという。

 FMV-LIFEBOOK FMV-S8390は、13.3型ワイドXGA液晶を採用し、1Gバイトメモリと160Gバイトの暗号化機能付HDD、CLEARSURE利用期間1年が標準装備される。CPUにインテル Core2 Duo プロセッサ P8700を搭載した「Windows Vista Business&ダウングレードサービスモデル」は24万9000円から、CPUにインテル Celeron プロセッサ 900を搭載した同モデルは21万6000円からとなる。

 なお、CLEARSURE利用期間はオプションにより変更が可能だ。1年から3年に延長した場合には1万7000円、4年に延長した場合には2万1000円、5年に延長した場合には2万5000円がオプション価格として加算される。

「FMV-LIFEBOOK FMV-S8390」 「FMV-LIFEBOOK FMV-S8390」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]