logo

三洋電機、デジタルムービーカメラ「Xacti DMX-CG11」--ミニHDMI端子を装備

エースラッシュ2009年08月24日 20時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は8月24日、ハイビジョンムービーと最大1200万画素の写真撮影が可能なデジタルムービーカメラ「Xacti DMX-CG11」を発表した。9月11日に発売する。

 DMX-CG11は、約1066万画素のCMOSセンサーを搭載したデジタルムービーカメラだ。MPEG-4 AVC/H.264ムービーフォーマットを採用し、HD画質で約828万画素、SD画質で約1000万画素の動画撮影が可能。静止画撮影は約1000万画素だが、ソフトウェア補間により1200万画素相当で記録するモードも備えている。

 そのほか、ケーブル1本でテレビに接続できるミニHDMI端子や、ワイヤレスでデータを自動転送・保存する「Eye-Fi」連動機能も搭載する。光学ズームは5倍で、記録媒体は約40Mバイトの内蔵メモリに加えてSD/SDHCメモリーカードが使用可能。本体サイズは高さ112.8mm×幅72.0mm×奥行き38.0mm、重量は190gとなっている。

 カラーはホワイト、オレンジ、グリーンの3種類をラインアップ。店頭想定価格は3万円前後になる。

「Xacti DMX-CG11」 「Xacti DMX-CG11」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]