logo

2008年のICTインフラ国際ランキング、日本が首位堅守--総務省が評価報告書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は8月17日、世界における日本のICTインフラの現状を評価した「日本のICTインフラに関する国際比較評価レポート」の2008年版を公表した。

 同報告書は、ICTインフラを(1)利用料金、(2)高速性、(3)安全性、(4)モバイル度、(5)普及度、(6)社会基盤性の6分野12項目にわたって評価。アジア、北米、ヨーロッパ、北欧、オセアニアの世界主要24カ国・地域のICTインフラ充実度を格付けした。

 その結果、前年同様に国際ランキングの1位は日本、韓国、フィンランドの順。以下上位10カ国では、4位オランダ、5位スウェーデンを含む北欧諸国3カ国、9位シンガポール、10位香港を含むアジア4カ国がランクインした。

 個別の評価では、日本は「ブロードバンド料金・速度」、「光ファイバー比率」、「パソコンのボット感染度」、「第三世代携帯電話比率」で世界一の水準。一方、「携帯電話普及率」(21位)、「ブロードバンド普及率」(15位)、「ICT投資割合」(13位)など、ICTインフラの「普及度」や「社会基盤性」などの項目が評価が低かった。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]