logo

「Army of Two: The 40th Day」、欧米では1月に発売へ

文:Tom Magrino(GameSpot) 翻訳校正:石橋啓一郎2009年08月17日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EA Montrealは米国時間8月13日、「Army of Two: The 40th Day」を北米では1月12日、欧州では1月8日に「Xbox 360」「PLAYSTATION 3」(PS3)「PSP」で発売すると発表した。この発売日は初代「アーミー・オブ・ツー」が2008年3月に発売されたのと比べると若干早まっている。前作はXbox 360とPS3で発売されたが、評判はパッとしないものだった。

 Army of Two: The 40th Dayは第1作から直接関係する続編で、主人公セーレムとリオスが再び登場し、中国の上海に向かう。不幸なことに上海はなぜか突然数多くの惨事に見舞われ、2人の傭兵はこの謎を解き、生き残らなくてはならない羽目に陥る。

 第1作と同様、The 40th Dayでも協力プレーが中心に据えられている。EA Montrealはセーレムとリオスが利用できる協力アクションを増やしており、前作よりもさらに戦術的な体験ができると約束している。

 The 40th Dayはオンラインプレイ機能も備えており、4つのマルチプレーヤーモードが用意されている。そのうちの1つである「エクストラクション(撤退)」モードは、最大4人のプレーヤーが、大量に軍が配置されている地域でだんだん強力になっていく敵の攻撃を排除しながら、市街の特定の地点まで移動するというものだ。EAはこのモードは発売時点ではThe 40th Dayを予約注文したプレーヤーにのみ提供され、1カ月後にすべてのプレーヤーに解放される予定だとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]