logo

[ブックレビュー]新たな視点を手に入れる--「ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本実業出版社
棚橋弘季
詳細:単行本(ソフトカバー) / 254ページ / 日本実業出版社 / 価格:¥ 1,575 / 著者:棚橋 弘季 / 発売日:2009/06/29 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm × 13.2cm × 2.2cm / 重量:0.3 kg
内容:仕事に「デザイン思考」を取り入れることで、新たな取り組み方や問題の解決方法を見つけ出すことを指南する。人間中心の仕事へと視点を切り替えることで、見えてくる戦略や計画とは何か?

 「デザイン」というと、デザイナーと呼ばれる人だけがするのように思われるが、実はそうではなかった。ビジネスパーソンが仕事のやり方としての「デザイン思考」を身につけることによって、今までとは違うものの見方が可能となる。

 「デザイン思考の仕事」とは人間中心の仕事だという。人間の生活や生き方そのものを改善したり、豊かにしたりするために、製品やサービスを提供するとき、売るために戦略や計画を練るのもデザインの一部なのだと。

 本書では、フィールドワークによる調査、カードを用いてデータを図解、論文等にまとめるKJ法を使った発想の展開、ペルソナやシナリオの作成、全体を俯瞰するための図解化、文章化など、さまざまな方法を巧みに組み合わせて、実際の仕事のやり方にまで落とし込み、一つひとつの手順と目的を詳しく解説している。また、ありがちな誤解をあらかじめ挙げておき、正しいやり方との違いを丁寧に説明しているのも、今まで「デザイン思考の仕事」になじみのない者には分かりやすい。

 最終章では、人の立場になってみる、自分を客観的に見てみる、など個人のありようについてかなりページが割かれており、自己中心的な枠組みから離れることの大切さに気づかされる。しかし個人で終わりではなく、人と人とのコラボレーションからも突破口や新しい発想は生まれる。すべては人々の生活を豊かにする仕事につながるのだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]