logo

パーム、 「Palm webOS 1.1」をリリース--「iTunes」同期機能を復活

文:Bonnie Cha(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2009年07月24日 12時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PalmとAppleのいたちごっこが、また少し過熱してきたようだ。Palmは米国時間7月23日、「Palm Pre」向け「webOS 1.1」をリリースした。多くの機能の中でも注目すべきは、「Palm Pre」との同機能のなくなったiTunesのバージョン8.2.1と、再び同期するようになったことだ。この情報は、同ソフトウェアアップデートの新機能と拡張点が書かれたPalmのブログ投稿の最後に、何気なく記載されている。

 メディア同期機能のほかに、WebOS 1.1では企業向けの機能も拡張され、「Microsoft Exchange ActiveSync」のサポートが強化されている。今回のリリースによりPreは、リモートワイプ、PINとパスワードの入力、不使用時タイムアウト、認証処理の改善など、多くの機能を提供する。

 また、テキスト、インスタントメッセージでエモティコンが使用可能になり、連絡先を管理するアプリケーションでは「person reminders」(編集部注:連絡先ごとにリマインダーを記録する機能。その人から電話やメッセージを受信し た際に、このリマインダーがポップアップ表示される)を設定することが可能になった。Sprintのアプリケーション「NFL Mobile Live」もPreでサポートされるようになったが、今回のアップデートでPreに追加された新しいアプリケーションはそれだけである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]