logo

グーグル、月面着陸40周年の日に「Google Earth」の新機能を発表すると予告

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、福岡洋一2009年07月10日 13時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 少なくとも、月の住民は「Google Street View」の撮影チームの車に悩まされる心配はなさそうだ。

 Googleは米国時間7月9日、「『Google Earth』の最新の機能追加に関する非常に特別な発表」について話し合うため、ワシントンDCで7月20日に記者会見を開く計画だと発表した。記者に送られた招待状には、それ以上の詳細は書かれていなかったが、Googleが何を計画しているか推測するのはそれほど難しいことではない。

 7月20日は、アポロ11号の月面着陸40周年にあたる。あの日に月面に降り立った宇宙飛行士の1人、Buzz Aldrin氏と、「人類、月に立つ」の著者Andrew Chaikin氏が、イベントで講演する予定だ。米航空宇宙局(NASA)が6月に打ち上げた月面探査機「Lunar Reconnaissance Orbiter」からは、月面のあらゆる種類の新しい詳細画像が送られてきている。

 Googleはすでに、アポロ11号の着陸地点を強調した、上空から月面の一部を捉えた画像を公開しているが、NASAとの提携が続いていることから、もっと詳細な地図を作製中なのかもしれない。月面探査車はまだ月面にあるが、冗談は抜きにしても月のStreet Viewは、おそらく記者会見での発表事項に含まれていないだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]