logo

マイクロソフト 樋口社長、Windows 7発売日発表で買い控えは「起こらない」 - (page 2)

冨田秀継(編集部)2009年07月07日 23時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bingで日本固有の検索領域も提供

 コンシューマ向けビジネスの説明には、同社代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏が登壇。注力分野として「Windows 7」「Windows Mobile」「Bing」「Xbox LIVE」を挙げた。

 同社内において、Windows Mobileは「戦略的な商品」(堂山氏)という位置づけ。先頃発表されたWindows Mobile対応アプリケーションのオンライン販売ストア「Windows Marketplace for Mobile」を、日本でも提供していくという

マイクロソフト代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当 堂山昌司氏 マイクロソフト代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当 堂山昌司氏

 また、5月28日に発表された検索エンジン「Bing」も日本に順次展開していく。米国では「ショッピング」「旅行」「ヘルスケア」「地域」という4つの検索領域を重視してサービスを展開中。堂山氏によれば、国内ではこれらの項目だけでなく「ビューティ」の検索結果にも注力していくという。なお、国内ではベータ版として提供している。

 今年4月に日本での累計販売台数が100万台を越えたXbox 360は、「現在も良好」(堂山氏)な売れ行きだという。2010年度は「Liveブランドでは最大級のサービス」(堂山氏)であるXbox LIVEを拡大していく意向で、2009年度の広告配信モデルの導入に続き、2010年度はフルゲームのダウンロードや自作コンテンツの配信といったコンテンツ配信を実施。「デジタルエンタテインメント事業の中心にするべく育てる」と堂山氏は語っている。

 コンシューマ向けビジネスとしては、このほかにMSN産経ニュースなどのメディア事業もある。同社はこの領域において、広告事業として「マイクロソフト メディアネットワーク」を展開している。MSNやLiveブランドで提供中の各種サービスといったネットワークの中で、「最大の効果を持つように配信していく」と堂山氏。経済環境の悪化により、広告を出稿する各企業は「宣伝費の効率化を求めてくる」(堂山氏)ため、「より効果的で、よりターゲット化された広告」を日本でも展開していくという。

2010年度のマイクロソフト新製品

 マイクロソフトは2010年度、主に次の製品およびサービスを市場に投入する予定だ。

  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
  • SharePoint Server 2010
  • Office 2010
  • Windows Mobile 6.5
  • Exchange Server 2010
  • Windows Azure
  • Silverlight 3
  • .NET 4.0
  • Visual Studio 2010
今年度予定されている新製品およびサービス(画像をクリックすると拡大します) 今年度予定されている新製品およびサービス(画像をクリックすると拡大します)

 特筆すべきは、米国での提供価格が間もなく発表される予定のWindows Azure。北米では2009年後半から商用利用が始まる。しかし2010年度、日本では技術評価パイロットのみが提供される予定だ。

 このほか、H.264対応を果たしたSilverlight 3は7月に提供が始まり、.NET 4.0およびVisual Studio 2010も2010年の前半には提供が始まる予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]