中国パワーはついに建物までケータイに--中国トンデモ「ホテル型ケータイ」 - (page 5)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイの夜景を満喫できちゃう!充電台の秘密機能発見

 本体が光る機能は一部のトンデモケータイも採用しているが、中国人はやはりデーハーな機能が好きなんだろう。そう思って充電台をよく見てみると、上部はミラー仕上げとなっており、光があたるとまぶしく反射する。ただの置き台にしないあたりはさすがだろうか。

 そして充電コネクタのあたりを見ると、何やらスイッチがあることを発見。なんでスイッチなんてあるんだろう?あやしい、なんともあやしすぎる(笑)。充電ケーブルを差し込んで、期待しながらこのスイッチをONにしてみよう!すると……。

 光る!光まくる!天に向かって8個のサーチライトが光る!!てなイメージだろうか。充電台の周辺部に埋め込まれたLEDライトがいきなり光るのだ。しかも、結構明るくまぶしいくらい。さらに充電台の側面下部はブルーに光り、バージ・アル・アラブがそびえたつ人口島周辺の海の雰囲気を出してくれる。うーむ、やはりタダの充電台ではなかったか!(笑)

 この状態でN89本体を立ててれば、充電台が光る!本体も点滅する!ってことでもうケータイだかライトのオブジェだかわけのわからない状態。てかこれがやりたいだけのケータイなんじゃないだろうか(笑)。この状態もぜひ動画で見てほしい。

 このようにこのN89は「オブジェとして美しい」ことを考えたトンデモケータイだったようだ。でもならばなぜ大手メーカーNokiaの名前を語ってしまうのか?自分たちの製品に自信がないということなのだろうか。まぁ元々のホテルのデザインをインスパイアしているところに問題もあるが、どうせなら正々堂々とこのデザインで勝負してほしいところ。そうすれば実は世界中から引っ張りだこになったかもしれないというのになぁ……。

充電台の上部はミラー仕上げ 充電台の上部はミラー仕上げ(※画像をクリックすると拡大します)
充電台後方に何故かスイッチが! 充電台後方に何故かスイッチが!(※画像をクリックすると拡大します)
スイッチONで充電ケーブルを刺すと、いきなり光る! スイッチONで充電ケーブルを刺すと、いきなり光る!(※画像をクリックすると拡大します)
本体も充電台も光りまくる! 本体も充電台も光りまくる!(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]