logo

KDDI、キャンペーンの案内メールでメールアドレスを流出--送信操作の不手際が原因

松田真理(マイカ)2009年06月03日 16時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは6月3日、キャンペーンメールを送る際に、他の顧客のメールアドレスを記載して送信したと発表した。送信操作の不手際が原因としている。

 KDDIの国際電話サービスに関するサイトで「001国際モバイルトーク」を申し込んだ顧客に対して「マイル付与キャンペーン」の案内メールを送る際に、他の顧客のメールアドレスを宛先欄に表示したまま送信した。発生時間は、6月2日13時4分からの14分間。13時4分、13時9分、13時11分、13時16分にそれぞれ1000件、13時18分に464件メールを送信し、合計4464件のメールアドレスが流出した。

 KDDIは6月2日15時15分より、該当する顧客に対し、お詫びと受け取ったメールの削除を求めるメールを送ったという。問い合わせ窓口は、KDDIカスタマーサービスセンター。電話番号は0077-777もしくは120-22-0077で、受付時間は9時から20時。携帯電話およびPHSにも対応する。

-PR-企画特集