ネット上の児童ポルノ対策--警察庁の総合セキュリティ対策会議が新提言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警察庁は3月26日、2008年度の総合セキュリティ対策会議報告書「インターネット上での児童ポルノの流通に関する問題とその対策について」を公開した。

 総合セキュリティ対策会議は、情報セキュリティに関する産業界と政府機関、特に警察との連携のあり方について意見交換を目的に2001年度から開催されている組織。2008年度は、ネット上における児童ポルノの流通に関する問題を取り上げ、広報啓発を含めた広範な対応策等について議論された。

 報告書では、今後の取り組みとして、ネット上に流出した児童ポルノの情報共有や検証のため「児童ポルノ掲載アドレスリスト作成管理団体(仮称)」の設置を提言した。

 また、これに合わせ児童ポルノ対策の具体的な課題の検討や、関係者間の調整、実施状況のフォローアップなどをする、事業者、民間団体、有識者、業界団体、関係府省庁等から構成される「児童ポルノ流通防止対策推進協議会(仮称)」設置の必要性を主張している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加