RIM、BlackBerry向けアプリケーションストアを4月1日オープン--米報道

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年03月27日 08時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カナダの通信機器メーカーでBlackBerryを開発するResearch in Motion(RIM)は、BlackBerry向けの新たなアプリケーションストアを、ラスべガスで開催される「CTIA WIRELESS」にて、4月1日に立ち上げる予定であると、今週に入ってBusinessWeekが報じている

 RIMの共同経営責任者(CEO)であるMike Lazaridis氏は、CTIA WIRELESSの初日に基調講演を行うことになっている。その壇上で、RIMは、新たなアプリケーションストアの正式発表を行うと見られている。

 BlackBerry向けのアプリケーションストアには、「BlackBerry App World」という名称が付される予定だが、その最初の構想は、2008年10月に明らかにされている。BlackBerry App Worldは、iPhone向けにAppleが提供している「App Store」に対抗すべく、各社から立ち上げられるアプリケーションストアのうちの1つである。Nokia、Google、Microsoft、Palmも、次々と独自のアプリケーションストア提供計画の発表へと踏み切った。

 Nokia、RIM、MicrosoftのOSを搭載するスマートフォンユーザー数は、iPhoneのユーザー数を上回ってはいるものの、Appleは、同社の「iTunes」ソフトウェアおよびミュージックストアと連動する、(App Storeでの)ダウンロード方式のソフトウェア販売に、目ざましい成功を収めてきた。App Storeでの提供を目指す開発者が殺到し、現時点でも、すでにApp Storeには、2万5000を超えるアプリケーションが並んでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加