au初のスマートフォン「E30HT」、“無線ルータ”として5台のPCと接続可能に

松田真理(マイカ)2009年03月17日 13時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラー電話は、5月に発売を予定している同社初のスマートフォン「E30HT」の詳細について発表した。

 E30HTは、下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsのデータ通信が利用できるEV-DO Rev.A規格に対応したスマートフォン。OSには、Windows Mobile 6.1 Professional Editionを搭載する。カラーはソフィスティケイティッドブラックの1色。

「E30HT」 「E30HT」

 主な機能として、本端末の紛失時にリモート操作でデータを消去する「スマートフォンリモートデータ削除サービス」、最大5台の無線LAN機器と接続し、無線ルータのように利用できる「WALKINGHOTSPOT」、名刺などの印刷文書をデジタルデータとして取り込む「scanR」などがある。

 5月からは、法人向けインターネット接続サービス「au.NET」の月額料金を、同一名義で30回線以上利用する法人顧客に限り945円から315円に割り引く。また、国際データローミングサービス「グローバルパスポート CDMA」に対応し、スマートフォン専用のパケット通信料金として、1パケット当たり0.2円の料金体系を導入する。au携帯電話で、海外でのPC接続によるデータ通信が利用できるのは初めてという。

 なお、E30HTの発売に合わせて、スマートフォン向けアプリケーションなどを紹介するポータルサイト「Business App NAVI」の提供も開始する予定だ。

WALKINGHOTSPOT
  • このエントリーをはてなブックマークに追加