logo

アップルがフラッシュメモリを大量発注、新型iPhoneに向けた動きか?--米報道

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年02月20日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」の発売2周年が近づくにつれて、Appleがどうやら1年の中頃にiPhoneを刷新するサイクルを据えているようだということがしばしば取り上げられてきた。そして、夏にローンチする可能性を示す兆候がほかにもいくつか現れている。

 AppleInsiderは、投資銀行Think Equity Partnersが今週発表したリポートを取り上げている。そのリポートは、Appleはこの数週間でサムスンが供給するフラッシュメモリを実質的に買い占めたと述べている。Think Equityによると、Appleはまた、iPhoneのローンチ準備のため、東芝とHynixにフラッシュメモリの供給量を増やすよう要請したという。

 Appleは現在、2010年までの同社製品向けフラッシュメモリの供給元としてIntelとMicronに加え、上記3社とも契約を結んでいる。しかし、Appleは1年の後半、それも9月の音楽関連のイベント前後に新しい「iPod」をローンチする傾向にあることを考えると、今回のフラッシュメモリの大量発注は、新型iPhoneの発売を念頭に置いた動きである可能性も高くなっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集