logo

「第2日本テレビ」が単月黒字化、地上波との広告連動で

永井美智子(編集部)2009年02月06日 20時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレビ放送網は2月5日、インターネット動画配信サービス「第2日本テレビ」が2009年1月に単月黒字化したと発表した。広告主の要望に合うコンテンツを制作し、それを地上波とネットの両方で流したことが奏功したという。

 第2日本テレビは2005年10月に運用を開始しており、3年3カ月での単月黒字化となる。「インターネット動画配信サービスは、有料、無料ともに世界中のほぼ全てのサービスが赤字状態。そうした状況で第2日本テレビが黒字を達成した背景には、世界共通の『ネット動画サービスの課題点』を解決したことにある」(日本テレビ)と自信を見せる。

 日本テレビが挙げた黒字化の要因は3点。1つは、サービスの無料化によるコストの軽減化だ。当初は有料の動画を配信していたが、Flashを使った無料動画配信サービスに切り替えてコストを削減した。2つめは、地上波とネットの両方で配信するという広告手法の採用だ。「地上波テレビ局ならではの広告商品であり、スポンサーからも大好評を得ている」(日本テレビ)という。

 3つめは、広告主のニーズに合った映像コンテンツの制作だ。放送で培った企画力や制作力、タレントブッキング力を活用することで、他社との差別化を図ったとしている。

090206_ntv.gif 日本テレビが示した、第2日本テレビ黒字化要因の図

-PR-企画特集