logo

ライブドア・ショックから3年--相場復活を期待する声高まる - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントはインターネット広告売上の国内トップシェアを握る。代理店でありながら、高い集客力を持つブログ媒体「アメーバブログ」というメディアも保有する強みが再認識されている。日興シティ証券ではオプトについても電通の関連会社であり、同グループ内で重要な役割を担うと指摘している。

 このほか、携帯電話ソフトのACCESSへの見直しの動きも強まっている。ACCESSは業績面の想定以上の改善が評価される動きが継続している。

 マザーズ指数はまだ安値圏で推移しているが、目先的には2008年10月安値を起点に戻りのタイミングを探る展開に入りつつある。全般の市場エネルギーが縮小傾向にあるなかで売買代金をともなった急上昇は望みづらいが、これら個別銘柄ベースでは復活の色が強まってきているようだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]