logo

フリービット2Q決算、DTI子会社化など寄与し営業利益5.7倍--個人向けサービスはブランド刷新 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 同日発表した2008年5-10月決算は、営業利益が8億5900万円(前年同期比5.7倍)で売上高は53億2700万円(同2.2倍)となった。従来から手がけていた法人向けの「ブロードバンド化事業」と「ユビキタス化事業」が堅調だった上、インターネットプロバイダーのドリーム・トレイン・インターネット(DTI)を2007年8月末日付けで子会社としたことも寄与した。

 フリービット代表取締役社長の石田宏樹氏は今後の成長戦略として、「新サービスの開発を続けるほか、M&Aも積極的に取り組んでいく」と表明していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]