logo

マイクロソフト、「Open XML」の互換性を強化

文:David Meyer(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦2008年12月04日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月3日、同社の提唱するドキュメントフォーマットOffice Open XML(OOXML)に関して、複数の互換性強化を発表した。

 今回の機能強化は、同社が2008年3月に立ち上げたワーキンググループDocument Interoperability Initiative(DII)の一環で、DIIにはMicrosoftのほか、Novell、Quickoffice、DataVizといった企業が参加している。DIIの目的は、OOXMLと、オープンソースのOpenDocument Format(ODF)をはじめとするOOXMLに対抗するXMLベースのドキュメントフォーマット間の相互運用性を向上させることだ。ODFはすでに国際標準化機構(ISO)標準として承認されている。

 Microsoftは3日、「Open XML Document Viewer」をリリースすると発表した。Open XML Document Viewerは、OOXML文書をオープンソースブラウザの「Firefox」で閲覧可能にするプラグインだ。「ユーザーはこれで、プラグインをダウンロードすれば、Firefoxブラウザ内でOOXML文書が閲覧できるようになった。プラットフォームとしてはWindowsとLinuxの両方に対応しており、『Microsoft Office』やその他の生産性スイートをインストールする必要はない」と、Microsoftは声明で述べている。

 同社はまた、OOXMLとODFとの間でファイルフォーマットの変換を行う「Open XML/ODF Translator」についても強化し、バージョン2.5としてリリースした。新版には「ODF 1.1」に準拠したテンプレート1式が新たに加わっているが、これについてMicrosoftは「変換プロセスを通じてより忠実に(元の文書を)再現できるよう最適化した」とうたっている。また、スプレッドシートの図表関連機能が強化されたほか、「信頼性が向上」され、インストールのプロセスもよりスムーズになったという。

 さらに同社は、Apache Software Foundation(ASF)の進めるプロジェクト「Apache POI」に関連して、新たにソフトウェア開発キット(SDK)のリリースを発表した。POIは、Microsoftのドキュメントフォーマットの読み書きを支援するJavaライブラリを提供するものだ。新SDKにより、Java開発者がOOXML文書を扱えるようになった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集