logo

撮影した写真をその場で共有できるサービス、「Hi Cheese!」と「Smillie!」 - (page 2)

原田和英(アルカーナ)2008年07月29日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 たとえば5月15日には携帯電話で撮影した写真をスライドショーにできる「Smillie!」というサービスが誕生している。

 使い方としては、撮影した写真を添付したメールを事前に設定したアドレスに送付。すると、その場でスライドショーにして表示できる。「その場」でできるという点が魅力だろう。イベント会場のスクリーンなどに表示すれば、人々の一体感を高揚させることができる。

 7月25日には、クリエイティブクラスが、Flickrの写真を待ち受けにできる「さくさくflickr」をリリース。これを使えば携帯電話上で、簡単に写真の加工が可能である。

 ほかにも昨今は、撮影した写真をパソコンではなく「写真立て」の中で見ることができるデジタルフォトフレームも多くの注目を集めている。課題はまだまだあるものの写真の新しい見せ方を提示するツールとして大きな可能性を秘めている。

 最近はこのような写真サービスが増えてきた。携帯電話やデジタルカメラの普及で写真を撮る人は増えてきたが、その撮られた写真は有効活用しきれていない。そのため、そのような写真をより楽しむサービスが生まれているのだろう。

 これら写真サービスの共通点としては、「シンプル」という点があげられる。また2点目として「共有する」ためのサービスという点がある。「Hi Cheese!」も「Smillie!」も友人たちに見せるためのサービスであり、ネットワーク効果で利用者が大きく広がる可能性もあるだろう。あと3点目……というより余談にはなるが、「Hi Cheese!」も「Smillie!」もサービス名にエクスクラメーショマーク(!)が語尾についている。今後、写真共有サービスを考えている人は「!」マークをお忘れなく。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]