logo

レーザープリンタ出荷台数、6四半期連続減少--IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは6月17日、2008年第1四半期国内企業向けプリンタ市場動向を発表した。 

 発表によると、2008年第1四半期のレーザープリンタの出荷台数はレーザーMFPにリプレース需要の一部が奪われていることや企業のリプレース需要が一巡したことにより6四半期連続減少、前年同期比5.8%減の28万台となった。一方、カラーレーザープリンタの出荷台数は前年同期比11.6%増の8万5000台、シェア30.5%を占めている。 

 同社のハードコピー・ペリフェラル&デジタル・イメージングのリサーチマネージャーの坂田信之氏は、「カラーレーザープリンタは、カラー印刷可能なカラーレーザーMFPとの競合による影響は受けてはいるものの、低価格化しており、10万円を切るA3カラーレーザープリンタも増えた。モノクロレーザープリンタとの価格差も縮まったことにより、モノクロレーザープリンタからのリプレースが促進されたものと考える」と述べている。

-PR-企画特集