グーグルの「Gears」、「Firefox 3」をサポートへ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月11日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社が進める「Gears」プロジェクトが「Firefox 3」をサポートしたことを間もなく発表する予定だ。Gearsは、ウェブブラウザの機能を拡張し、複雑なウェブアプリケーションを利用可能にするためのプロジェクト。

 GoogleでGearsプロジェクトに取り組んでいるプログラマーのAaron Boodman氏は、米国時間6月10日に行われたインタビューの中で、「今日現在、Gears for Firefox 3はすべてのユーザーが利用可能だ」とした上で、「この件を今日か明日にでも発表したい考えだ」と付け加えた。

 実際、Google Gearsのコードサイトには、バージョン0.3でFirefox 3をサポートする旨の記載がある。Firefox 3自体は6月中に発表される予定で、現在はリリース候補第2版(RC2)の段階だ。

 Googleは、ウェブプログラミングをさらに向上させる手段として、Gears(旧称Google Gears)の開発に取り組んでいる。Gearsは、「Google Docs」や「Gmail」といったウェブアプリケーションで実証されているクラウドコンピューティングモデルの実現の鍵を握る。

 Googleは、Gears向けに開発された各種機能が、最終的に、ウェブページを記述するための標準的なマークアップ言語であるHTMLに組み込まれることを期待している。すでにいくつかの成功例がある。例えば、Gearsの初期版でリリースされたオフラインページアクセスや内部データベース技術がそれだ。これらの技術は、現在開発中のHTML 5仕様に組み込まれるよう取り組みが進んでいる。

 オープンソースプロジェクトのGearsは、すでにFirefox 2と「Internet Explorer(IE)」をサポートしている。現在Googleは、Appleの「Safari」ブラウザの1バージョンのサポートに向け懸命に取り組んでいる。また「Opera」も、同社独自のデスクトップブラウザやモバイルブラウザへのサポート拡大を図っている。

 GoogleのGears担当バイスプレジデント、Sundar Pichai氏は、「われわれは、(Gearsを)すべての主要ブラウザ、主要プラットフォーム上で利用可能にする計画だ」と語った。Pichai氏は、Gearsのほかに「iGoogle」「Google Desktop」「Gadgets」といった製品も担当している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加