logo

JASRAC、ダビング10の遅れに不快感--公取委立ち入りには「どこが問題なのか」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeは「過去の違法動画への対応が不十分」

 JASRACの2008年3月期使用料徴収額は約1156億円で、数値上は過去最高額となった。これは、訴訟の解決に伴うCATVの過年度分使用料入金に伴うもので、それを除くとほぼ前期並み。カテゴリ別では「放送など」「ビデオグラム」「インタラクティブ配信」などが好調な推移を見せる一方、CD販売などによる「オーディオディスク」は前年度比10.7%減の大幅下落となったほか、「演奏など」「貸しレコード」も減少傾向が続いている。

 2008年3月期の活動として、動画共有サイトへの対応についても報告した。「Yahoo!動画」を運営するヤフーなど4事業者と許諾契約を結び、4月1日にはニワンゴの「ニコニコ動画」とも契約を結ぶなど進展を見せている。依然として契約にこぎつけていない「YouTube」については「過去に投稿された違法動画に対する対応が不十分であり、将来的な対応策も示されていない」(菅原氏)と状況を説明した。YouTubeに関しては、グーグル日本法人との具体的協議を継続しており、「いち早く回答が示されることを待っている」(同)としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]