logo

カシオ、最薄部32mmの超薄型プロジェクター、高輝度や高演色など8モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カシオ計算機は5月12日、データプロジェクターで世界最薄の厚さ43mm(最薄部32mm)を実現した超薄型プロジェクター「スーパースリムプロジェクター」の新製品8機種を7月上旬から順次発売すると発表した。

 ラインアップは、スリムな形状に加え輝度3000ルーメンを実現した高輝度モデル「XJ-S57/S52」、輝度2500ルーメンながらリアルな発色を重視した高演色モデル「XJ-SC215/SC210」の4機種のほか、スタンダードモデルの「XJ-S47/S42」、エントリーモデル「XJ- S37/S32」の計8機種を揃える。

 価格は「XJ-S57」が31万2900円、「XJ-S52」が29万1900円、「XJ-SC215」が28万1400円、「XJ-SC210」が26万400円、「XJ-S47」が27万900円、「XJ-S42」が24万9900 円、「XJ-S37」が23万9400円、「XJ-S32」が20万7900円。

 いずれもデータプロジェクター最高倍率の広角2倍ズームや、台形歪みを自動補正する「縦オートキーストーン補正」、設置や片付けの手間を軽減する「ダイレクトパワーオン・ダイレクトパワーオフ」などの機能を搭載するほか、XGAリアル表示・WXGA/WSXGA+/UXGAなどの圧縮表示に対応する。

 高輝度モデル「XJ-S57/S52」は、光源ユニットや冷却方式などの改良により、B5ファイルサイズで輝度3000ルーメンを実現。部屋の照明を落とさずに使用でき、日常のミーティングから本格的なプレゼンテーションまで幅広い用途に活用できる。

 高演色モデル「XJ-SC215/SC210」は、高演色光源ユニットの採用やカラーホイールの改良により、色度域を従来機種「XJ-S46」より約 10%拡大。黄色や肌色はより自然に、赤や青はより鮮やかに再現できるため、色再現性を重視する教育現場や医療関係の説明・発表などに適しているという。

 「XJ-S57」と「XJ-SC215」には「USBホスト機能」を搭載し、市販のUSBメモリを接続すれば、記録してあるデータを直接投映することができる。また、別売りのUSB無線アダプタを用いれば、PCとのワイヤレス接続にも対応する。

 全機種とも、最短投影距離は0.84mで、60型投影時は1.7−3.4m、100型投影時は2.8−5.6m。色再現性は1677万色、コントラスト比は1800:1。本体サイズは幅270×奥行き199×厚さ43mmで、重さは1.8kg。

カシオ計算機=http://www.casio.co.jp/

-PR-企画特集