logo

韓サムスンとソニー、S-LCDで第8世代の液晶パネル生産ラインを拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国のサムスン電子とソニーは4月25日、両社の液晶パネル合弁会社S−LCDで、第8世代のアモルファスTFT液晶の生産ラインを新たに敷設すると発表した。

 投資額は、約2000億円でS−LCDから投資を行う。韓国のタンジョンコンプレックス内に敷設し、09年第2四半期中の生産開始を目指す。稼動当初の生産規模はガラス基板投入ベースで月産6万枚。ガラス基板サイズは2200×2500mmを予定している。

サムスン電子
ソニー

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]